気と経絡の研究会

鍼は効きすぎる?

「鍼は効きすぎるから、ただ刺せば効果がでる。だからデタラメ鍼がまかり通るのだ」

という意見がある。

その言葉の真意はわからないが、私は鍼はただの針金の尖ったものであって、鍼そのものにはなんの効果も無いと思っている。

ただ、その刺激に反応する生体のシステムが優れているのだ。
そのシステムが効率よく働くように鍼をすることが、私が勉強する目的である。
だが、そのシステムとは経絡の変動があって初めて有効に機能するのである。症状があっても経絡の変動が無い場合、もしくは経絡の変動が主たる原因では無かった場合、経絡治療家(鍼灸家)は鍼にこだわるべきではない。
画像の説明
そこで、物理的な障害に対応する最低限の整体術を修得しておくのも鍼灸師として必要かとも思う。

もちろん、鑑別の時点で鍼灸の適応ではないという理由で、他院を紹介するのも良い。それは自由であろう。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional