気と経絡の研究会

経絡変動

すべての病変が経絡変動を伴うわけではない。

経絡の変動のない症例も少なからずあるのだ。

従って、まず鍼灸(経絡)治療の適応か否かの判別が必要となる。

鍼灸(経絡)経絡治療の適応でない場合、その症状に適切な処置を判断しなければならない。

その対処法の1つとして整体技法は重要な選択肢であり、優れた武器となる。

鍼灸で固まった筋肉・軟部組織を緩めても、あとひと押し足りないことがある。
それは関節の歪み(亜脱臼)調整。

紙一重の差で効果がまるで違うことがあるのです。

技術、マインド、収入ともに1ランク上を目指す療術家のための新講座です。当講座では経絡と整体の関わりの真実を追求していきます

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional