気と経絡の研究会

メッセージ

a:6021 t:2 y:2

みなさんは治せる技術ってなんだと思いますか?

治るってなんだろう?

どうやったら治せるんだろう?
そんな視点から、治療技術についての一提案をさせていただきたいと思います。

私は、鍼灸師、柔道整復師として開業させていただいております。現在は「経絡の調整」
「気滞の解消」をテーマに勉強を続けております。

簡単に経緯を申し上げます。
明治鍼灸大学を卒業後、現代医学の物理的な治療法に興味を持てなかった私は、東洋医学的な思想や治療技術に魅力を感じ、まず中医学を学びました。
東洋思想の基礎から教わり、たいへん興味を持つ事はできたのですが、実際の治療技法に関しては中医学の迷路(※)に入り込んでしまい挫折。

中医学の迷路について

その後、東洋はり医学会の経絡治療というシンプルな技術体系にひかれ、経絡の気の調整技術を学びました。
気が虚している経絡を補えば(気を通してやれば)病気は治る!という分かりやすい医学でした。
ですがここで長年の疑問が噴出します。

「気」とはなにか?「経絡」とはなにか?

気がいたる(気が補えたら)のを度として抜鍼しろと言うが、気が満ちてくるとう感覚がさっぱり分からない。
そもそも適応側(治療ポイント)の選定ができない。原則に従うか、カンに頼るしかない(だって、気がわからないから)。

そんな疑問を抱えたまま、鍼灸から一時離れてしまいます。

柔道整復やマッサージ、整体の技法を学ぶ事にしたのです。

物理的に体を真っ直ぐ(骨格の矯正)にすれば治るだろう(施術を受けると、とっても気持ちいいし)。という単純な発想からでした。

体を真っ直ぐにしても治らない!?

ですが、すぐに壁に突き当たりました。
矯正しても治らない。それどころか悪化する人もいる。

それは技術がないから(へただから)?
診断が間違っているから?

ていうか、真っ直ぐな関節がいいのなら・・・全身人工関節にしちゃえばいいじゃん?
今思えばなんて乱暴な発想でしょうか(笑)

もちろん全身人工関節なんて実現しませんし、したとしても痛みからは開放されないでしょう。
生体においては、全身の複雑な構造が微妙な「ゆらぎ」をともないながら、それこそ微妙なバランスを保っているのです。物理的に単純に真っ直ぐがいいわけではありません。

「PST療法」という整体の一流派も学んでみました。非常にソフトな整体です。
(注)PST療法、自然形体、リセット療法はまったく同じ療法です。

そこで得たことは、私の整体に対するイメージとは違うものでした。

魔法の石が癒す!?

こんな実験をしました。

腰が痛いという被験者(模擬患者)にたいして、一応の歪みの診断を解説し伏臥位で寝ていただきます。そして痛みをとる魔法の小石を腰にのせておきます。
するとどうでしょう、数分後には痛みが軽減しているのです!

この魔法の小石を販売すれば大儲けです。
ただ、問題はこの小石は実験前に道端で拾ってきた、ただの石だということです。
つまり・・・詐欺ですね(笑)

では、どうしてこの小石で痛みがとれるのでしょう?
じつは簡単な診断を解説する、というところがポイントです。
それを聞いた被験者は、寝ている間に自分でも無意識のうちに自己矯正を始めてしまうのです。

それはどういうことか?

歪むとはどういうことか?

体が歪む、骨格が歪む、と言っても骨の形自体が変形するわけではありません。
歪みとは骨と骨どうしの関係性の異常です。
言い換えれば、骨をつなぐ軟部組織(筋・腱・靱帯など)の機能異常です。
そして、それらの軟部組織を統制しているのは神経系、脳です。

そう考えると、関節の歪みからくる痛みに芳香療法やホメオパシー(同種療法)が効果を発揮する理由がわかります。
また、見た目だけを整えても(真っ直ぐに矯正しても)治らない理由もわかります。

なんらかの理由で脳のスイッチがONになって初めて、矯正がはじまるのです。
先の小石はそのきっかけにすぎません。

でもどうやったらそのスイッチが切り替わるのか?

整体について調べなおしました。さまざまな整体技法も訪ねてみました。しかし有名な先生になるほど、骨格の矯正についてうるさく言わないのです。

アメリカの有名なオステオパス、ロバートフルフォード先生はその著書の中で治療とは
生体エネルギーのブロックを取り除いてやる事だと書かれています。骨格の矯正につては殆ど触れていません。

オステオパシーの創始者スティルの文献を読んでも骨格の矯正のことより、これって気の事を書いているんじゃないのか?というような表現がいくつもでてきます。

医王会の増永先生も、経絡指圧の遠藤先生もマッサージで筋肉をほぐす事より経絡と気の調整について繰り返し説明されています。

整復・整体についてのイメージが変わりつつありました。

キーワードが頭の中をグルグルめぐります。

脳神経系? 気? 経絡? 生体エネルギー? 集合的無意識領域?etc・・・

そんなとき熊坂護先生(大東流合気柔術系の整復術)と出会いました。

気がとおる治療!?

熊坂先生は古い流派の骨接ぎの先生です。
私ならお手上げ、というような骨折、脱臼から体の歪みまでなんでもこいの先生です。

さぞ荒っぽい施術(私の古流整復法に対するイメージでした)だろうと思っていたのですが、施術を受けた感じは予想に反して非常にソフトでした。
そして、施術を受けた翌日になって気がついたのですが長年の股間節の痛みがないことに気がついたのです。
股間節というより、正確には内転筋の肉離れの後遺症です。
ストレッチをしないと痛みは出ないので普段は忘れていました。その痛みがなくなっているのです。(おそらく骨盤矯正の結果だろうと思います)
不思議な感じでした。そしてこの技術を学ぼうと弟子入りしてしまいます。

そこで言われた事は・・・

「技(気)がとおらないと、効かない(治療効果がでない)からね」

という一言でした。・・・また「気」だ。

私のなかで整体・整復のイメージや考え方どんどん変わっていきました。

そして再び、気と経絡の視点から施術を考えるという原点に戻ってくる事になったのです。

気滞という新しい視点から治療技術を見直す

課題は気を感覚としてとらえることです。
視覚、聴覚、触覚、なんでもよい。気や経絡の状態を実感としてとらえることはできないだろうか?

そこで出合ったのが有川貞清先生です。
外科医ですが望診で気滞の位置をとらえて診察をするという、変わった診察方法をとっている先生でした。

そこではじめて視覚に頼らない「望診」というものを習いました。
(どのようなものかは説明が長くなるので省きます)

望診でなんとなく気滞の位置が捉えられるようになって、改めていままでの治療技術を見直すと分かってきたことが、たくさんあります。(まだ検証中のものもありますが)

たとえば・・・

気滞が解消すれば病気は必ず治癒に向かうという事実。

逆に気滞が解消しなければ、どんなに脈が整おうが、歪みが矯正されようが、治らないという事実。

鍼灸で抜鍼のタイミングは気が満ちたときではなく、気滞が動くのを度とすると感覚的にわかりやすい。

適応側(治療側)は気滞から流れる経絡の反応点が存在する側にとるとよいということ。

証決定に迷うときは気滞の位置を見て判断できるが、表面の気滞を祓わなければ本気滞
(本証)がみえてこないこと。
だから沢田流などでは任脈のツボに灸を据えてから、治療方針を決定することがあったのだと考える。

鍼の方向や角度によってはまったく効果が出ない場合があり、鍼の操作は厳密におこなわなければならないこと。

禁灸点の判別が可能なこと。

整体でも気滞の解消はできるし、経絡治療のように脈を整える事も可能である。

判別の難しい歪みの関節では気滞の反応点を見ると歪みの方向がわかること。

矯正ができれば、気滞と反応点も消えるということ。
気滞の反応から治療のドーゼや予後判定が可能だろうということ。

本人も忘れている、もしくは気づいていない症状を発見可能なこと。

気滞を解消することだけに限れば整体技法も手当て(レイキなど)だけの単純技法のみで施術ができてしまうこと。
野口整体の輸気も同じ目的であろうか?

マッサージや指圧などで気滞を解消しようとした場合、患部や気滞の場所を強刺激すると良くない場合が多い事。
つまり患部にはあまり触れない場合が多い。

など、いろいろな事がわかってきました。

その過程で整体の良さ、またはその欠点がわかりました。

またあらためて経絡治療(東洋はり医学会系)の優れている点がわかりました。

今は整体や経絡治療の技術、また鍼灸の古典を気滞という視点から再検討しています。

検証、研究はまだ始まったばかりです。結果はこれから成果が上がり次第報告させていただきたいと思います。

ようやくスタート地点に立つ事ができた私の報告をひとまず終わります。

ありがとうございました。

                    2009・5・28
                                                     

追記 有川貞清先生は昨年(2008年)秋にご逝去されております。

 

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional